パニック障害で旅行への挑戦、「大丈夫」を経験する大事な出来事

パニック障害のように不安な気持ちが度々起こってしまう症状が出てしまう中では
「旅行」というものは全く楽しみを感じません。逆に誘わないで欲しいとまで思ってしまうものです。

でも日々暮らしていく中で、自分から旅行に行こうとは計画しないものの、どうしても参加を余儀なくされるものもありますよね。

hikouki

例えば、社員旅行や新婚旅行(ハネムーン)、卒業旅行なんかがそうです。
家族旅行はまだ断ることはできますが、ハネムーンなんかは行かないと、
お相手からいきなり愛想つかされそうで・・・・

 

行きたくはないけれども、行っておかないと周りの目が気になったり、ノリが悪いとか思われたり今後の人間関係に関わってきたりと考えてしまう。
でも、パニックがあるから旅行はダメ・・なんて言ったところで周りには理解されないなんてこともあります。

 

旅行の何が嫌なのかと言うと、まずは乗り物ですよね。
電車や飛行機なんかがそうです。密室であることにプラスして長時間乗らなくてはいけないことが多く、何がきっかけでパニック症状がでてしまうか不安でなりません。
そして旅行は基本初めて行くところですので、人ごみや初めての場所で道に迷うことなど
わからないこと、予定にないことが多く起こるイベントであるため不安が付きまとうということで好きになれません。

 

よく聞く、行き当たりばったりで旅行なんて考えただけでもゾッとします・・全く行ける気がしません。

 

何も不安がる必要なんてないというのは自分でもわかっているんですよね。
自分の意思がコントロールできないとでも言うのでしょうか、勝手に大きく不安になるんですよね。

 

望むのは、旅行に行った先で乗り物内や旅行先でパニック症状が出ることがなく、楽しんで無事帰って来られること。これに尽きます。

 

では、楽しい旅行だったと言えるように無事に行って帰ってくるにはどうすれば良いでしょうか。

まず、参加の有無ですが、出来る限り参加をしていくようにしましょう。

これは、参加すること自体がパニック障害克服への練習となるからだと考えます。

 

毎回のように避けていては「大丈夫だったという経験」が、なかなか得られません。

 

身体の状態や程度にもよりますが、しっかり準備をしてしっかり下調べ、不安に思うことでも事前にわかることは調べておきましょう。

 

あと旅行は大体行った事のない地、知らない地へと行くわけですから、わからないこと、迷うことはあって当然、逆に言えばそれが旅行の醍醐味だと考えましょう。スマホや携帯で地図を見れるようにしておくとか、事前に地図をプリントアウトしておくとか。

 

パニック症状が原因で旅行先から帰ってこれないということは、一緒に行く人もいるし、まずありませんので大丈夫です。

まったく気が乗らない旅行であっても、自分なりの楽しみポイントを事前に見つけ出すのも紛らわすのに有効なポイントです。

 

普段パニック症状が出ていないときはどのような心理状態なのか?を考えてみると、おそらく、気分的にも落ち着いていて、何もその時に問題意識を持っていないとき、あるいは物事に集中している時などではないでしょうか?

 

私はこの「集中」というキーワードにポイントがあると考えていて、電車の中でも飛行機の中でも、知らない道を歩いているときでも、何らかの集中が味方になってくれると思っています。常に集中は疲れますが、好きなゲームを楽しんでしている時だったり、飛行機を話題にして友達と内容の薄い話をしている、こんなことも集中だと考えます。

 

パニック症状は問題が起こっているときよりも、問題が起こるのではないか?と思ったときに症状が出始めることが多いです。予期不安というやつですが私もよく体験していたのですが、○○だったらどうしよう・・○○が起こったらどうしようという気持ちが症状を呼び起こします。

 

だから、用事そのものの時よりも、1日前とか数時間前とか用事の前に具合が悪くなるといったことが多いのですよね。結構、ほぼ起こりもしない出来事を関連付けてしまうんです。

 

私はパニック症状に悩んでいた時期に、旅行は近距離や遠方を含め、数箇所行ったと思います。今思うと行ってよかったと思います。そこまでの大きな発作というものはでませんでした。出そうにはなりましたけど。

でも、出たら出たときと考え、挑戦です。死にません。

「出たら出たとき」

そう考えるのは難しいかもしれませんが、

「とりあえず、そう思ってみる」

これが大事なのです。

そしてパニックは長時間続きません。

「準備と集中、誰よりも楽しんでやるぞ!」くらいの気持ちを持って、いきましょう!