パニック障害の予期不安にノニスピリットでサポート

パニック症状がある人に支持されているジュースとしてノニジュースがあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、

パニック障害の一つの原因としてセロトニン不足が指摘されることもあります。
セロトニンとは何かといいますと、予期不安が起こるメカニズムにとても関連があるとされ、ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ三大神経伝達物質の一つとされています。そのほとんどが腸で作られ、精神を安定させる作用があります。

 

このセロトニンが不足すると、気分の落ち込みや不眠、依存や精神疾患など心身に悪影響が現れてしまう可能性があるといいます。
現代はストレスを溜めたくないと思ってても溜まってしまう時代、その上睡眠が上手く取れないであったり、偏った食生活など、生活習慣が乱れてしまっている人が非常に多いです。

そうなると、セロトニンの分泌も減少してしまい結果、パニック症状を引き出してしまう原因にもなってしまうのです。

本当に体調とパニック発作は蜜に関係していますからね。体調面を整えるという意識は常に持っていたいです。

 

文字にすると非常にややこしいのですが、

 

つまりは、

■来月、免許更新の講習に行かなくちゃいけない・・
■友達の結婚式に招待されているんだよな・・・
■友達に久々にみんなで会わないか?って言われた・・・
■お墓参りに電車に乗って行かなくてはいけない・・・

 

パニック症状が出てしまうと気にされている人には大事な用事だけれども非常に億劫な用事です。

 

こういった事前にわかっている用事に対してパニックが出てしまうかもと不安を感じているなら予防策の一つとしてセロトニンを簡単に摂取できるもの(ここでいうノニジュース)を事前に飲んで、少しでも不安材料を減らしましょうというものです。

 

また、トリプトファンという不安のない健康的な毎日をささえる「幸せホルモン」の生成を助けてくれる成分も入っているので、何か飲むこと自体が気分を安定させてくれる気さえします。
薬ではなく、健康食品なので構える必要はありませんし、ちょっとした養命酒みたいな感覚で飲んでみればよいのでね。

で、オススメなのがノニスピリットという商品なんです。

noni_1

 

ですが、ちょっと難点もありまして、ノニは基本、マズいです・・
そんなに量を飲むわけではないので、「良薬は口に苦し」みたいな気持ちで飲むと良いです。
(薬じゃありませんが・・)

 

私も注文して飲みましたが、味を何に例えればよいかと考えましたが
例えるものがありません・・・
ですが、薬ではないのでジュースで割って飲むのもありで、私が一番飲みやすかったのが
アップルジュース割です。その他スポーツドリンク割りでも味が結構ごまかせました。

 

 

ま、でも原液でも問題ないという人はたくさんいますけどね。私も途中からは原液で飲んでましたし・・

 

noni_2
正直言いますと、私がこのノニスピリットを飲んでいたのは、パニック障害が改善されて数年後に
飲んでみたものですから、私自身が感じた効果というものはあまりわかりません。

 

ですが、数日続けて飲んでいたので、多少寝付きが良くなっていたというのは感じることは出来ましたかね。睡眠も大事な要素ですからね。

基本的には生活習慣を見直すというところにポイントを起きながら、こういった飲み物でサポートを受けつつ、「どこに行っても大丈夫な自分」というのを積み重ねていきましょう。

まずは少し飲んでみて、調子が良くなりそうか判断してみましょう。これがスタートです。下記から詳細をどうぞ↓